年末大掃除にも役立つ…かも?

  • 2017.11.02 Thursday
  • 12:43

さてさて、1ヶ月も開いてしまったリフォームの続き。



今回はこれからやってくる年末の大掃除にも活躍する情報の記事を



最優先で書いて行こうと思いま〜す。



 



今回のリフォームは、壁紙(クロス)の貼り替えももちろんやるので



古いクロスは剥がしてから貼る方法をとりました。



 



クロスを剥ぐって言うと難しく考えちゃうけど



石膏ボードの上に貼られているクロスの多くは



無理に引っ張らなければ裏地の薄い紙を残して



コレまた綺麗に剥げる様に作られている物がほとんどなので、そんなに難しい事はありません。



 



ただ、壁にはそれなりにいろんなモノがあります。



前の記事のコンセントなんかもそうだけど



他にもエアコンや換気扇などの家電やブラケット等の照明器具なんかが



クロスを剥いだり貼ったりするには邪魔になる事もあります。



 



そんな時にオイソレと外せない物(エアコンは代表格!)もあったりするし



外さないでクロスを貼る方法もある訳だけど



でもさ、やっぱりリフォームするとなったら



『エアコンのカバーを綺麗に洗いたい』とか『照明器具も掃除したい』



と思うのが、この時期ならではの主婦目線(笑)



 



『だったらやったろうじゃないの!簡単なんだから!』



と思ったので、まずは普段は洗えない『エアコンカバーの裏側まで洗う方法』を



記事にしたらいんじゃね?と思った電気屋の嫁なのです(^^)



 



特にね、ペットがいたり、タバコを吸う家族がいたり、キッチン周りに近いエアコンは



とにかくカバーの裏側の隅々まで汚れていると思って正解。



天井付近にあるエアコンなのに、我が家のエアコンは猫の毛だらけでした。



なので『サクッと外して、ササっと洗っちゃえ!』と思って



エアコンを丸裸にしてみました…



 





あらやだ。素っ裸で恥ずかしい…( ´艸`)www



 



ここまでカバーを外せば、クロスも貼り易いし、掃除もしやすいのは当たり前なお姿です(笑)



 



でもね、これは電気屋の嫁じゃなくても簡単に出来ます。



たった2本のビスで止まってるだけなので、ドライバーがあれば誰にでも出来るのん♪



なので、それをご伝授致そう!!( -`ω-)b



 



まず、エアコンを正面から見ると、フィルターの入ってる全面カバーがあります。



その下に風が出て来るルーバー(上下に動いてるとこ)があるのはご理解されてる事でしょう。



ルーバーは、スイッチを切ると自動で閉まる所ね♪



 



ルーバーは手でも動かせるんだけど、まずは安全の為にコンセントは抜いておいてね。



で、ルーバーを外します!



が、これねぇ、機種によっていろいろなの。



正確に言うとメーカーによってマチマチ。



でも、ビスも使われてないし、ただ単にハマってるだけなので



ルーバーさんをちょっと曲げてみたり(ちょっとだけよ!!)



手で動かしながら左右のハマってる部分を良く見ると



外し方は簡単に理解出来ると思いますので



脚立や椅子から落ちない様に、ボッキりおらない様に気を付けて取り外してね。



 



そうしたら、ルーバーがあった吹き出し口の下の部分。





このマル印の部分に、隠し扉があるのです(笑)



 





 





 



良く見ると、何やら線が入ってたり、何かでコジルと開きそうな部分があるはず。



我が家のエアコンには、引っ張って取れる様に小さな突起がありました。



 





それを取ると、こんな風にビスがおります。



ちなみに執事、3つの突起全部を引っ張ってみた程度の電気屋でございますwww



 



で、このビスを左右外すんだけど、落さないでね。



失くさないでね。



 



執事は失くしたけど。(笑)



 



でね、前面のカバーを持ちあげると、右側にこんな部分もあるはずなの。





ここね、いじらないでね。(ビスの部分じゃないよ。笑)



 



何でかって言うと、基盤があったりするし



そこに電線を刺す部分があって、コンセント抜いて無いと感電するから。



ちなみに、そこの基盤を壊すと『エアコンが壊れた』って事になって



基盤交換に数万円掛る事態になります。(・д・)イクナイ



 



で、本題に戻ると…



 



ビスを2本外したら、エアコン本体の左右を持って



真っ直ぐ前に『えいやっ!!』な〜んて怪力使わなくても



両手で持ってちょいと引っ張れば、カバーがパコーン!と外れて来ますので



『慎重に・丁寧に・間違っても途中で手を離す事無く・確実に真っ直ぐ自分に向かって』



そ〜っと外して下さい。



 



なんで慎重に・真っ直ぐになのかって言うと…



 



エアコンの命は、カバーの下にある銀色の薄っぺらいのがいっぱいある部分。



そこが折れたり、潰れたり、汚れたりすると、冷えない・温まらない原因になります。



なので、カバーをぶつけて折ったりしない様に、そこは慎重にね。



 



だから、触っちゃダメよ。



銀色のフィンの部分は



おさわり禁止だからっ!!



 



で、外したカバーは、まるっとお風呂場かなんかで洗えばOK!



 



その代わり、カバーの部分は細い部分も結構多い。



たわしでゴシゴシ…すると、折れる事もある…。



 



執事は折って無いから…。



2号が折ったんだからね…(笑)



 



ちなみに、銀色のおさわり禁止な銀色の部分を洗う方法はある。



だってほれ、家事代行サービスなんかでやってくれるエアコン洗浄は



そこの部分も洗う訳ですから、洗う方法が無い訳じゃないんですが



まぁ、一般の方はやらない方が得策かと…((+_+))



 



どうしてもやりたい!!と言うならば



ホームセンターなんかで買えるエアコン洗浄剤を吹き付けて



毛先が細いタイプの歯ブラシ(シ●テマとかビ●ウィーンとかね…)を使って



そぉ〜〜〜〜〜〜っと撫でるだけでも、綺麗になったりする。



 



ちなみに、力を入れて擦ると、折れます。



折れたのを戻そうとすると、もげます。



もげた部分が多くなると、使い物にならないエアコンになります…(,,・`ノ。・´)コッソリ



 



なので、表面に付いてる猫の毛なんかは



本当にそぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとやって取ってね♪



 



あ、それと、エアコンの洗浄剤を使ったら



スプレーなどでお水を掛けて、良く濯ぐといいです。



何でかって言うとね、その洗浄剤が残ってて、そこにゴミが付いて



そんでもってカビる…と言う事も、結構あるんです。



 



まぁ、エアコンは結露する家電製品なので、カビるのは運命なんだけどね…。



 



え?『エアコンって結露するの!?』って?



 



するする!



だって、エアコン使うと、外にある室外機のそばのホースから水が出てるでしょ?



それ、エアコン本体から出てる水だもん。



本体内部のその銀色の部分に結露して、その結露が外に流れてるんだよ〜。



だから、エアコンから出る水=結露なんです。



 



とは言え、結露しなけりゃ冷えてない証拠なんで



結露するエアコンは正常なエアコンですので、ご心配なくぅ〜♪



 



で、もしね、エアコン洗浄剤を使って、本体の下の部分から水が床に落ちたら



排水口部分が汚れで詰まってます。



本体の1番下の部分に排水溝があって、左右どちらかに1cm位の排水口があるはずなので



その辺を良く見てね。



 



特に我が家は、銀色の部分を洗って、水掛けて〜ってすると…



 



猫の毛が詰まります。(● ̄ω ̄●)ムヒッ



 



それをそのままにしておくと、来年の夏



『エアコンが滝の様!!』って事件が起きるので



そこら辺も良く見ておいて下さるといいかも…(・д・)イクナイ



 



とまぁ、今回はエアコンの話だけで長文になっちゃったので



リフォームの記事はまたあとで…(笑)



 



まだまだ続いてる執事家のリフォーム。



1階はもうすぐ終わるけど、残すは2階の女子部屋の大大大大大工事も残ってる訳で



来年の夏位までは、ブログのネタが尽きる事はなさそうで〜す♪



 



書くのかが謎だけど…(笑)



 



エアコン洗浄は『道具があれば』自分で出来る!(自己責任でね…w)



にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ



お帰りの際にぽちっと応援よろしくねん♪



 



先月末・今月初めはあられと小夏の命日でした。



あられと小夏、どちらも頑張ったけど、そう日を空けずに天国に帰って行ったので



執事は過去にない位に落ち込み、本気でブリーダーを辞めようと思った時期でした。



おまけに、息子のみぞれにも同じ病気が見付かってたから



『また見送らなきゃいけないのか…』と思うと憂鬱でねぇ…。



でもそこを乗り越えたのは、あられの息子である白いさんが居たから。



その白いさんが、またお父さんになりました。



子猫達はトラブルもあるけどスクスク大きくなってます。



それも、お婆ちゃんのあられに良く似てて、1匹は小夏にも似て来た。



辛かった時期は確かにあったけど、血が受け継がれてる事をヒシヒシと感じながら



その傍らで執事はお猫様の為にリフォームに勤しんでおります。

コメント
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM