其ノ壱:そもそも猫って何だ?

  • 2018.07.18 Wednesday
  • 12:06

普段はチャランポランな事を群馬弁炸裂させて言っている執事ですが

今回は本気で真面目な話をします。

 

でも1回では書ききれないし、1投稿では長すぎるので

サボりを延々と繰り返してきたお詫びとして、シリーズ化しちゃいます(笑)

 

ただし、これはあくまでも

『特定の猫種の繁殖業を10年やってみて気付いた事・思った事』です。

 

 

まぁ、ペット業界内では異端児に近い

『日本からペットショップを無くせ!』『生体の展示販売を即刻辞めろ!』

『繁殖も資格制度にしろ!!』

と言い続けて来た動物取扱業責任者&生体販売者なので

これをブログのネタにしてWEB上に掲載する時点で

ありとあらゆる方面から叩かれるのは覚悟の上です。

 

でもね、叩かれたり潰されたりしたら、素直にブリーダー廃業してもいいかな〜と思ってるの。

ま、叩かれても潰されても、それをネタにしちゃうだろうけど…(笑)

 

という訳で、本気で真面目なお話、始まり始まり〜。

 

 

○*************************************************************○

 

 

執事のブログに来ていただいてる方は、多かれ少なかれペットと係りのある方だと思いますが

ペットと係りのない方達の「ペットの存在」がどういった物なのか

考えてみた事はありますか?

 

また、そういった方達がペットを迎えてみたいと思った時に

間違った考えのままペットを迎えるとどうなるのか

明確に案を上げて考えてみた事はありますか?

 

執事は『ペットを売る』立場ですが、千差万別、ありとあらゆるペットを売る訳ではありません。

特定の、猫の中でもメインクーンと言う猫種に限定して繁殖・販売している立場です。

でも、ある特定のペットと呼ばれる生き物を売っているからこそ見えてくる

『販売者の責任と、販売した命への責任』があります。

 

 

そもそも、執事の販売している『猫』と言う生き物は“本来は自然界には存在しない生物”です。

『猫は屋外で生活する生き物』 『猫は人に飼われる生き物ではない』

と言う方がいらっしゃいますが、それは100%間違った認識です。

 

猫と言う生物は、古代から繰り返されて来た人工繁殖によって

(人工繁殖=人の手が介在しているという意味)

人間の住まう自然界に発生した生物です。

例えて言うならば、トラとライオンを交配させて作り出したライガーや

オオカミと犬を交配させて作り出したウルフドック(狼犬)等と同じという事です。

 

ベンガルという猫種は猫好きな方なら多くの方が知っていると思いますが

このベンガルと呼ばれる猫種は、ヤマネコとイエネコ(イエネコとは人が作り出した種)を

近年になって人工繁殖して作り出した猫種になります。

 

また、ペットショップで売られている猫、野良ネコと呼ばれる猫

特定の猫種と認知されている猫のすべてが

学術上は“イエネコ”と言う単体の言葉で分類されています。

よって、私達が知っている“猫”という生き物は

どんなに屋外で自由気儘に野生の生き物の様に生きて居る様に見えても

“本来は自然界には存在しない生物”であると定義出来るのです。

 

しかし、多くの猫が数百年の内に繰り返し作出された

『人工的に作られた生物』である事を、多くの人が知らない、または忘れていると

特定の生物を約10年間、繁殖・販売していて実感しました。

もしかしたら同じブリーダーの中にも忘れている人がいるんじゃないか…

そんなことも思いました。

 

なので、そんなことを敢て1回目で書いてみました&書いてみます。

 

 

そもそも自然界に存在しないイエネコが、何故こんなにも多くの種類に分類されたのか。

猫という生き物に係っている皆さんは、考えてみた事はありますか?

 

猫に並んでペットの代表といえば犬ですが

犬の発生源については、犬を飼ったことのない方でも結構知ってるんです。

 

猟犬・愛玩犬・盲導犬・警察犬…

その言葉だけでも、犬の発生源が想像出来ますよね。

 

でも、猟犬・愛玩犬・盲導犬・警察犬…は、彼ら犬の役職名です。

いろんな役職名はあれど、犬…ですよね?

どんなに考え抜いて可愛い・かっこいい名前を付けた愛犬でも…犬ですよね?

もちろん家族でしょうし、人と同じです!って言っても、犬ですよね?

 

猫も同じで、いろんな目的があって、その目的に合わせて

人が人工的に交配して作り出して来たのが、純血種の猫達です。

 

 

では、私達の知っている猫は、そもそもどうやって発生したのでしょう。

猫好きさんなら、結構知ってるかな?

 

猫という生き物は、今から13万年前にリビアヤマネコという野生のネコ科動物を

手懐けたのか、捕まえたのか、権力の象徴として飼い始めたのか…

まぁ、その辺は執事が実際に見た訳ではないので良く分かりませんがぁ…(笑)

人の手を介入させて、使役動物として扱い始めたのがそもそもの始まり…

って、どこの本を読んでも書いてあります。(笑)

 

では、純血種ってどんな意味なのか分かりますか?

ちょっと難しいかな…。

 

では『純血種』という言葉の背景には何が見えますか?

『純血種』の隣には何がいますか?

 

単純に考えたら『人』ですよね。

 

近年、それも19世紀や20世紀になってから純血種と呼ばれ

血統書なんてものが添付される様になった猫という生き物は

約13万年前にリビアヤマネコを基にして作出された使役動物を基にして人工繁殖された生物であって

数十年・数百年掛けて人が作り出した、特定の容姿や形態を兼ね備えたイエネコという種

って、思えませんか?

 

少なくとも、執事はそう思ってます。

 

なので本来は自然界には存在しない生物と、正々堂々と執事が言い切っちゃう訳です。

 

 

自然界に存在しない生物の存在は、自然界には多くの問題を引き起こします。

 

最近聞く様になった「特定外来種」という言葉がありますが

「特定外来種」は、犬や猫にも当て嵌まる言葉です。

もちろん日本でも、ペットとして飼われるはずの猫が

「特定外来種」として駆除を推進されている地域もあります。

それは何故なのか。

 

自然界に存在しない、その地域には存在しない生物だからこそ

自然界の生物に危害を与え、自然界の生物を絶滅させる恐れがあるからこそ

「特定外来種」として、駆除されたり、問題視されています。

 

皆さんは「国立環境研究所」って知ってますか?

執事は昔から『鉄腕ダッシュ』って番組が好きで観て来ていますが

最近この「国立環境研究所」って単語がよく出てきますが

そこのサイトにはこんな事が書かれています。

 

イエネコ

家畜化はエジプトで約6000年前に行われたとされ

原種は中東〜北アフリカに分布するリビアヤマネコ Felis silvestris lybica と考えられている。

 

家畜化はエジプトで約6000年前ですって!

でも、問題はその後の文章です。

原種は中東から北アフリカに分布するリビアヤマネコ…。

 

中東から北アフリカに分布するリビアヤマネコは

どうやってエジプトに辿り着いたんでしょうか?

まぁ〜簡単に考えれば「人の手によって」ですよね。

 

というか、人の手によって運ばれたのは確実です。

だって、エジプトの時代です。

人が人に贈与した…と考えるのが簡単な結果ですよね。

 

 

では、そんなことをぜーんぶふまえて…

 

今の日本という国の中で、猫の存在は「ペット」以外に何があるでしょうか?

 

無いんだな、これが…。

でも、そこが最大の問題なんです。

 

ペットとして飼う以外に使役がないからこそ、飼う人が限定されます。

飼う人が限定されるという事は、一家に1匹!という訳にはいきません。

冷蔵庫やテレビの様には手にしませんし、売れないのです。

 

あなたは今、20万円の自由になるお金を持っています。

あなたの住まう家には家電製品や家具などは一切ありません。

あなたは着の身着のままです。

冷蔵庫・洗濯機・テレビ・食材・衣服・猫、どれを買いますか?

 

って聞かれて「猫」って答える人、いますか?

 

もしいたら、家族や友人に真剣に人生について相談した方が良いです。(笑)

 

 

もちろんこれは、犬やウサギ等のペットについても同じことが言えます。

一家に1匹!ではない猫なのに、猫の数はどんどん増える一方です。

 

誰が飼える?と考えている愛護団体の方も多いと思いますが

全うなブリーダーの多くは「誰が飼える?」をある程度考えて繁殖しています。

しかしながら、それは野良猫には当てはまりません。

 

 

野良猫については後に書こうと思っていますので今回は書きませんが

執事の繁殖しているメインクーンという猫だって

自然界に一歩踏み出したら、自然界の生物を脅かす存在になります。

 

カエル1匹 スズメ1匹

たかが1匹ですが、されど1匹です。

そのカエルを食べて命を繋ぐ自然界の生物がいる以上、それを脅かすことはあってはなりません。

 

もちろん人間も同じですが、人間が管理するべき生物であれば尚更

『自然界に影響を及ぼす生物にしてはいけない』のは明確です。

 

なので、執事が譲渡するメインクーンという猫については

『室内飼育を徹底してください』とお願いしています。

 

メインクーンが野生化したら到底、人の手には負えないでしょう。

今でこそ捕獲する機器や器具がありますが、もしそれがない時代だったら

間違いなく、人間の命だって脅かす存在になれます。

1儖幣紊慮せを持つネコ科動物です。

本気で暴れれば、人間が負けるのは明確です。

その証拠に、その位の骨格・武器・生命力・瞬発力があるのは

執事の腕にある風穴の痕で証明出来ます。(笑)

 

本気で喧嘩してる猫を、無防備で、素手で止められるブリーダーはいません。

もちろん何かしらの道具を使って止めますが

真っ裸の状態で止めに入るブリーダーは確実にいないでしょう。

もちろんそんな喧嘩をしていたら、その猫同志を同じ部屋に住まわせるブリーダーもいません。

 

猫はあくまでもネコ科動物です。

家の中ではどんなに愛くるしい子でも、どんなに大人しい子でも

動物病院の診察台の上では野獣化する事も珍しくありません。

でも、家に帰ってくればいつも通りで、可愛い声で甘えてくる子です。

 

 

執事の繁殖しているメインクーンの中にも

ブリーダーの間では『性格がキツイ』と言われるタイプの子が生まれる事もあります。

 

執事の立場は『生体繁殖・販売者』ですが

その中で『ショーキャット』と呼ばれる猫を繁殖し

『ショーキャットとしてのスタンダードから外れる』と思った子を販売する

『ショーブリーダー』といわれる立場です。

 

もちろん販売する子の中には、ショーキャットとして申し分ない子もいますが

多くの子は『ショーキャットを作出する上で欠点が多すぎる』と判断したからこそ

ペットと称して販売しているに過ぎません。

 

もちろんそこには性格も含まれますが

『家族全員、誰も触れません!』という子は、過去に1匹しかいませんでした。

もちろん、その子を気に入って迎えて貰いましたが

我が家を卒業した後、ある程度は触れるようになったとの報告は貰えています。

 

では、誰も触れない猫を誰が飼えるというのでしょうか?

 

まぁ〜いませんね。(笑)

だって、ペットとして猫を飼うのであれば、やっぱり触りたいでしょ?

 

なので、繁殖者である執事は、触れない子を作り出さない様にアレヤコレヤと

知らない人が見たら『頭おかしいの?』と思う様な事でもやってみます。

 

でも、そんな『頭おかしいの?』と思われる事をやっているからこそ

『抱っこが好きで〜』とか『膝の上に乗ってくるんです』とか

『仕事になりません』『TVが観れません』という

PCやTV画面の目の前で陣取るメインクーンを作出出来ています。

 

 

けれど

13万年前に人がより良く生活する為にリビアヤマネコを手懐けた人も

6000年前に猫を贈られたエジプトのお偉いさんも

間違いなく『人の為に猫を飼い易くする為に努力』していたのは事実です。

 

でなければ、こんなに長い間『猫』と呼ばれる生き物が人々の手によって受け継がれる事はありませんし

特定の猫種を愛する人が生まれる事は考えられません。

 

ましてや

21世紀の時代になっても新しい猫種が生み出されているという事は

猫が人の手によって作り出された人工繁殖動物である証明です。

 

そもそも猫って何だ?というお題でしたが

簡単な様で結構むずかしい、歴史は長いけどあまり知られてない

1日に1回は目にしてるのに結構その歴史や生態は知らない生き物

ってなお話でした。

 

 

という訳で

あなたの飼っている猫ちゃんは、お外に出しちゃいけません!

あなたの飼ってる猫ちゃんは、野生動物ではありません!

という事だけは知っておいてください。

 

自然界にはいない生き物なんですから、自然界を知らなくてもいいのです!

とは言いませんが

自然発生した生き物ではないので、必ず人の手を介在させて過ごさせてあげてください。

 

『屋外で自由にさせておいても生きていける』

と思っているならば、それは間違った解釈です。

 

野良猫達は『自由気儘に生きている』のではなく

『生きるのに必死になっている』のです。

 

そこを知って貰えれば、この記事を書いていた時間も無駄ではありませんし

猫好きとしても、とても嬉しく思います。

 

 

猫好きを通り越して実は猫バカな執事です。

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

奇跡の写真。

  • 2018.07.04 Wednesday
  • 15:03

『子猫が生まれれば写真を撮る』

 

ブリーダーあるあるですけどね

そんなことも最近は、携帯でやっちゃう訳です。

 

12年前に買ったデジイチよりも

今年1月に買った携帯の方が簡単・便利なんだもの

そりゃ〜携帯を最大限活用する訳です。

 

でもね、そこはやっぱり携帯なんです。

携帯『電話』がメインの使い方じゃなくなった現代でも

やっぱりデジイチには敵わない所があるのは当然です。

特に動物の撮影ではデジイチには敵わない。

 

でも、咄嗟の時に、『今なのっ!!』って時に

デジイチは手元にないのがブリーダーあるある。

しょうがないから、ケツのポケットに入っている携帯を取り出すのです。

 

で、子猫を全員並べて撮影してみたいと思うのもブリーダーあるある。

 

猫じゃらしを持ち出して来てるのに

猫じゃらしの隣にあるデジイチは持ってこないのが40代あるある。

3歩歩けば『あれ?何するんだっけ?』になる訳です(笑)

 

大志を抱いたブリーダーは、上記の事を踏まえて

子猫の写真を撮ることだけには執着するから、没写真が大量発生。

 

でもね、その没写真を全部並べると、子猫が全員映ってる写真がどれだけ

『奇跡が重なった瞬間なのか』

がご理解いただけるかと…。

 

もちろん完璧な写真にはならないんだけどね…(笑)

 

では、そんなことを時系列で見せちゃいましょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

まず、撮影したい場所に子猫を集合させます。

 

わちゃわちゃしてますが、普通です。

だって、猫じゃらしで遊ぶのは大好きですもの…。

 

もちろん、猫じゃらしで遊ぶように小さい時から仕向けてますけど

基本的に猫じゃらしに釣られない子猫はおりません。(笑)

 

 

ただし、同じ環境で育ってきたお母さんだって

猫じゃらしで遊ぶのは大好きですので

結果、子猫の記念撮影ではお邪魔な存在になりかねません。

 

 

しれ〜っとした顔して子猫のそばで『うちの子大丈夫?』

なーんて素振りを見せているお母さん達ですが

実は率先して猫じゃらしに飛び付いて

『君達はあとで!!』って怒られた後だってことは

ブリーダーなら分かって貰えるあるある。

 

 

遊びたい気持ちがモリモリで前面に出て来てやる気満々な子と

遊びたいけど他の子がいるからあの子達が飽きたら遊んで貰おうって魂胆丸出しな子が

だいぶ混在してきていて、収集を付けるのに頭を使いまくってる時間帯。

 

 

お!いい感じ!!

と思って撮影した写真を見てガッカリする時間帯。

 

 

何としてでも取ってやる!と思ってる子と

全然取れねーし、何かつまんねーなぁーと思ってる子が

見事に混在してる時間帯。

 

奇抜な音を出して気を引いたら、猫じゃらしが正面になかった瞬間。

 

 

もうすっかり飽きて、誰かが居なくなってる瞬間。

 

 

誰か足らないけど、とりあえず撮っとこ〜と、半ば自棄を起こしてるけど

そんな時に限って全員こっちを向いてるのに

やっぱりブレちゃうのに気付いて『デジイチ〜!』と思いながら

『この位の頭数までなんだよねぇ…上手く行くのって…』

と再認識しちゃってる瞬間。

 

 

そろそろ完全に飽きて来て、子猫の顔から『諦め』という文字が

『それが欲しいけど、絶対くんないよね…』ってオーラまで

明確ににじみ出てきちゃってる瞬間。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

如何でしょうか。

 

ブリーダーさんが子猫全員が移ってる写真1枚で

『撮れました!』って大喜びする理由。

ちょっとは分かって頂けたでしょうか…。

 

ブリーダーにとって

子猫が5頭以上いる状態で、全員の視線が揃っていて、おまけに誰もブレてない写真が

『奇跡だ!!』

と思える瞬間を、ご理解いただければ幸いです。

 

 

 

ちなみにこれ、成猫だと完全に、120%無理です。

 

なんでって?

 

猫じゃらしに向かってぶっ飛んでくる子が絶対に居るので

余裕かましてカメラ構えてると、足の甲に着地されるから。

 

ついでに言うと、目線が欲しいからカメラの近くに猫じゃらしを構えてますが

利口な子ほど、背後から猫じゃらしゲットを目論んでるからです。(笑)

 

ま、そうやってブリーダーの体には

猫による『躊躇い傷ですか?』って思われちゃう無数のひっかき傷が出来て行くのです。

 

結構ブリーダーって、無駄に頑張ってるでしょ?(笑)

 

 

次回はもうちょっと体制整えてから撮影頑張ります!

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。

いや〜参った参った!

  • 2018.06.06 Wednesday
  • 18:59

GWにWinアプデでWin7がクラッシュ!!から始まり

HPBの転送設定が一向に出来ない!事が続きに続き

1ヶ月近くHPの更新が出来ないでプチパニックになりながら

とにかく少ない脳みそをフル回転していた執事です。

 

本日、やっと原因が分かったんだもんね〜♪♪♪

 

執事の使ってるレンタルサーバーは、ご存じのとおりロリポップです。

で、ホームページビルダーはver,20。

それを踏まえて…

 

ロリポップに掲載されているマニュアル通りにホームページビルダー20の転送設定をしていたんですが

転送設定の詳細設定のタブの中のFTPの接続方法の部分で

FTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)

ってのにすると、繋がらない。

 

何度パスワードやらを確認しても間違っていないし

ホームページビルダー20をインストールとアンインストールを

何度繰り返してもやっぱり繋がらない。

 

でもマニュアルでは

FTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)にしやがれ!

って書いてあるし

その他の設定方法は一切書いてない。

 

PCの設定も、購入した店舗のサポートに遠隔操作で調べて貰っても

『ん〜、どこもおかしくないですねぇ…』

 

もしかしたらウイルス対策ソフトのせいなのかもしれない…と思って

ソフトのメーカーや、販売店舗の遠隔操作で調べて貰っても

『ん〜、おかしいですねぇ…繋がらない理由が分からない…』

の繰り返し。

 

無限ループで延々と1ヶ月。

 

そして執事は思い付いた。

 

『そもそも、こんな設定してたっけ?』

 

執事が管理しているホームページは2つ。

どちらの転送設定も同じ要領でやってたし、参考にしてたマニュアルも

『なんか違う…様な…???』って気がして

『もしかして、マニュアル自体が違ってんじゃね?』

と思ったわけです。

 

で、そうなったら試すんです。

HPB20じゃなくて、昔のHPB15で。

なんでって、Ver,15の時は

FTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)

なんて無かったし、もっと簡単だったはずだし。

やってみようじゃないの!

 

で、やってみたらHPの更新が出来ちゃった。

『あっらぁ〜???』ってくらい、簡単に出来ちゃった。

 

で、何が違うのか!って言ったら、

FTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)

なんてものが使えなかったの。

 

なんで使えないか。

 

ロリポップの契約でSSHってのを使えないプラン契約だったから』

 

どぉ〜よ、この『大元から使えない設定を必死に頑張ってました』感。

無駄な1ヶ月を過ごしてしまった感。

アタシの時間を返せ、ロリポップサポートよっっっ!!!!!(。・ˇ⊆ˇ・。)

 

そもそも、執事が契約しているライトプランでは、SSHってのが使えない契約です。

でも執事にしてみたら、お値段からしてライトプランで十分な訳です。

だって『そもそもHP作ったっていつまで続けられるかわかんねーもん』

と言う所から始まってるHP作成なので、出資費用は安くしたいじゃんね(笑)

でもそこそこの内容で使いたいし、写真は多く使うだろうから…とライトプラン。

 

でも、そのライトプランにしてる時点で

FTPES(File Transfer Protocol over SSL/TLS Explicitモード)

っていうのは使えないのです。

 

でもね〜、サポートに何度も相談した経緯が残ってますが

SSHが使えねーライトプランだからFTPで接続してねー

なんて事は

今の今まで1度も、誰も言ってねーし、書いてねーから!!

という事態。

 

で、ネットを検索したら皆さんそれで結構躓いてんのね。

それが原因でホームページビルダーを使わないと言う手法に出てる人もいるの。

ロリポップのバカヤロー!とかホームページビルダーのバカヤロー!

思ってる人もいる。

 

それならアタシがちったー役に立とうじゃない!!

とか勝手に思っちゃったから、

すんげー久しぶりなのにブログ更新しちゃってます。( ๑ ╹ ◡ ╹ ๑ )

 

なので、ホームページビルダーを使い

ロリポップでレンタルサーバー契約して

ホームページビルダーの転送設定をすると応答なしになって固まる!場合は

ロリポップの契約プランを確認して

エコノミー・ライトプランの場合はマニュアルを無視して

転送設定の詳細設定のタブの所で

接続方法(B)をFTPにして、パッシブモードで接続するを✔してOK!

で、ちゃんと設定出来ますので

執事の様に1ヵ月もの間悩まなくていいのよー!ʅ(◔౪◔ ) ʃ

 

つかさ、プラン毎に設定方法が違うなら

プラン毎の設定方法のマニュアルを掲載しておけロリポップ!!

ホームページ作りたい!と思う人の全員が

そんな単純なことでも余裕で1ヶ月も悩むんだぞこのヤロー!!!!!!!!

 

と思ったのであります、はい。

 

ま、執事の少ない脳みその程度はこんなもんですのよ、おほほほほ。(◍´͈ꈊ`͈◍) 

 

さ、これでホームページの更新も無事出来ましたが

3・4月生まれの子猫たちの情報は一切掲載していませんのであしからず!(笑)

 

 

子猫の情報?そんなの写真整理すらしてないがね…

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ
お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。
━━━━━━━━━━━━━━┯━━━━━━┯━━━━━━━━━━━━━━
┌┴──────┴┐
│ あ と が き   │
└────────┘
子猫の情報は
先にお待ちいただいている方達の見学が一通り終わって
その時点でお残りさんになっちゃった子が出ましたら掲載予定です。

引っ越し。

  • 2018.05.11 Friday
  • 14:39

またもや引っ越ししちゃいました!

とは言え、ジュゲムからジュゲムで、URLが変わっただけ。

という引っ越しです。

 

知らなかったんだな〜。

 

レンタルサーバー内でブログが作れるの。(ヲイw)

 

前のブログはURLを見ていただけば分かるとおり

 

ドメインまで取って作ったの。

 

お金が掛ってんの。

 

無駄じゃないの!!

 

と言うわけなので、めでたく解約しました。(笑)

 

 

さ、これで気になってたことは1つスッキリしました。

 

 

GW中は

Winのアップデートが原因でブルースクリーンになったり

執事2号がはく離骨折して病院送りになったり

子猫の離乳が始まってテンヤワンヤだったり

2Day'sのライブに足繁く通ってたりしましたが

 

GWも無事終わって

 

PCがマッサラになっていろんな設定を元に戻してたり

インターネットバンキングが使えなくなって銀行に何度も通ったり

CD100枚以上の音楽が無くなって途方にくれたり

車の屋根が壊れてる事に気付いたり

車が雨漏りしてることにも気付いたり

お役所各所に現金持って走り回ってたり

相変わらず子猫は自由で隣んちの産箱に入ってたり

それを見て子猫を取られた!と思った母猫が喧嘩を売ってたり

喧嘩を売ってる母猫と喧嘩を買った母猫の間を子猫が自由に走り回ってたり

母猫が喧嘩に勤しんでる間に子猫は脱走を試みてたり

 

と、なんか忙しない毎日を送っております、執事でした。

 

 

にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ

ぽちっと応援していただけるととても嬉しいのです♪

年末大掃除にも役立つ…かも?

  • 2017.11.02 Thursday
  • 12:43

さてさて、1ヶ月も開いてしまったリフォームの続き。



今回はこれからやってくる年末の大掃除にも活躍する情報の記事を



最優先で書いて行こうと思いま〜す。



 



今回のリフォームは、壁紙(クロス)の貼り替えももちろんやるので



古いクロスは剥がしてから貼る方法をとりました。



 



クロスを剥ぐって言うと難しく考えちゃうけど



石膏ボードの上に貼られているクロスの多くは



無理に引っ張らなければ裏地の薄い紙を残して



コレまた綺麗に剥げる様に作られている物がほとんどなので、そんなに難しい事はありません。



 



ただ、壁にはそれなりにいろんなモノがあります。



前の記事のコンセントなんかもそうだけど



他にもエアコンや換気扇などの家電やブラケット等の照明器具なんかが



クロスを剥いだり貼ったりするには邪魔になる事もあります。



 



そんな時にオイソレと外せない物(エアコンは代表格!)もあったりするし



外さないでクロスを貼る方法もある訳だけど



でもさ、やっぱりリフォームするとなったら



『エアコンのカバーを綺麗に洗いたい』とか『照明器具も掃除したい』



と思うのが、この時期ならではの主婦目線(笑)



 



『だったらやったろうじゃないの!簡単なんだから!』



と思ったので、まずは普段は洗えない『エアコンカバーの裏側まで洗う方法』を



記事にしたらいんじゃね?と思った電気屋の嫁なのです(^^)



 



特にね、ペットがいたり、タバコを吸う家族がいたり、キッチン周りに近いエアコンは



とにかくカバーの裏側の隅々まで汚れていると思って正解。



天井付近にあるエアコンなのに、我が家のエアコンは猫の毛だらけでした。



なので『サクッと外して、ササっと洗っちゃえ!』と思って



エアコンを丸裸にしてみました…



 





あらやだ。素っ裸で恥ずかしい…( ´艸`)www



 



ここまでカバーを外せば、クロスも貼り易いし、掃除もしやすいのは当たり前なお姿です(笑)



 



でもね、これは電気屋の嫁じゃなくても簡単に出来ます。



たった2本のビスで止まってるだけなので、ドライバーがあれば誰にでも出来るのん♪



なので、それをご伝授致そう!!( -`ω-)b



 



まず、エアコンを正面から見ると、フィルターの入ってる全面カバーがあります。



その下に風が出て来るルーバー(上下に動いてるとこ)があるのはご理解されてる事でしょう。



ルーバーは、スイッチを切ると自動で閉まる所ね♪



 



ルーバーは手でも動かせるんだけど、まずは安全の為にコンセントは抜いておいてね。



で、ルーバーを外します!



が、これねぇ、機種によっていろいろなの。



正確に言うとメーカーによってマチマチ。



でも、ビスも使われてないし、ただ単にハマってるだけなので



ルーバーさんをちょっと曲げてみたり(ちょっとだけよ!!)



手で動かしながら左右のハマってる部分を良く見ると



外し方は簡単に理解出来ると思いますので



脚立や椅子から落ちない様に、ボッキりおらない様に気を付けて取り外してね。



 



そうしたら、ルーバーがあった吹き出し口の下の部分。





このマル印の部分に、隠し扉があるのです(笑)



 





 





 



良く見ると、何やら線が入ってたり、何かでコジルと開きそうな部分があるはず。



我が家のエアコンには、引っ張って取れる様に小さな突起がありました。



 





それを取ると、こんな風にビスがおります。



ちなみに執事、3つの突起全部を引っ張ってみた程度の電気屋でございますwww



 



で、このビスを左右外すんだけど、落さないでね。



失くさないでね。



 



執事は失くしたけど。(笑)



 



でね、前面のカバーを持ちあげると、右側にこんな部分もあるはずなの。





ここね、いじらないでね。(ビスの部分じゃないよ。笑)



 



何でかって言うと、基盤があったりするし



そこに電線を刺す部分があって、コンセント抜いて無いと感電するから。



ちなみに、そこの基盤を壊すと『エアコンが壊れた』って事になって



基盤交換に数万円掛る事態になります。(・д・)イクナイ



 



で、本題に戻ると…



 



ビスを2本外したら、エアコン本体の左右を持って



真っ直ぐ前に『えいやっ!!』な〜んて怪力使わなくても



両手で持ってちょいと引っ張れば、カバーがパコーン!と外れて来ますので



『慎重に・丁寧に・間違っても途中で手を離す事無く・確実に真っ直ぐ自分に向かって』



そ〜っと外して下さい。



 



なんで慎重に・真っ直ぐになのかって言うと…



 



エアコンの命は、カバーの下にある銀色の薄っぺらいのがいっぱいある部分。



そこが折れたり、潰れたり、汚れたりすると、冷えない・温まらない原因になります。



なので、カバーをぶつけて折ったりしない様に、そこは慎重にね。



 



だから、触っちゃダメよ。



銀色のフィンの部分は



おさわり禁止だからっ!!



 



で、外したカバーは、まるっとお風呂場かなんかで洗えばOK!



 



その代わり、カバーの部分は細い部分も結構多い。



たわしでゴシゴシ…すると、折れる事もある…。



 



執事は折って無いから…。



2号が折ったんだからね…(笑)



 



ちなみに、銀色のおさわり禁止な銀色の部分を洗う方法はある。



だってほれ、家事代行サービスなんかでやってくれるエアコン洗浄は



そこの部分も洗う訳ですから、洗う方法が無い訳じゃないんですが



まぁ、一般の方はやらない方が得策かと…((+_+))



 



どうしてもやりたい!!と言うならば



ホームセンターなんかで買えるエアコン洗浄剤を吹き付けて



毛先が細いタイプの歯ブラシ(シ●テマとかビ●ウィーンとかね…)を使って



そぉ〜〜〜〜〜〜っと撫でるだけでも、綺麗になったりする。



 



ちなみに、力を入れて擦ると、折れます。



折れたのを戻そうとすると、もげます。



もげた部分が多くなると、使い物にならないエアコンになります…(,,・`ノ。・´)コッソリ



 



なので、表面に付いてる猫の毛なんかは



本当にそぉ〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜〜っとやって取ってね♪



 



あ、それと、エアコンの洗浄剤を使ったら



スプレーなどでお水を掛けて、良く濯ぐといいです。



何でかって言うとね、その洗浄剤が残ってて、そこにゴミが付いて



そんでもってカビる…と言う事も、結構あるんです。



 



まぁ、エアコンは結露する家電製品なので、カビるのは運命なんだけどね…。



 



え?『エアコンって結露するの!?』って?



 



するする!



だって、エアコン使うと、外にある室外機のそばのホースから水が出てるでしょ?



それ、エアコン本体から出てる水だもん。



本体内部のその銀色の部分に結露して、その結露が外に流れてるんだよ〜。



だから、エアコンから出る水=結露なんです。



 



とは言え、結露しなけりゃ冷えてない証拠なんで



結露するエアコンは正常なエアコンですので、ご心配なくぅ〜♪



 



で、もしね、エアコン洗浄剤を使って、本体の下の部分から水が床に落ちたら



排水口部分が汚れで詰まってます。



本体の1番下の部分に排水溝があって、左右どちらかに1cm位の排水口があるはずなので



その辺を良く見てね。



 



特に我が家は、銀色の部分を洗って、水掛けて〜ってすると…



 



猫の毛が詰まります。(● ̄ω ̄●)ムヒッ



 



それをそのままにしておくと、来年の夏



『エアコンが滝の様!!』って事件が起きるので



そこら辺も良く見ておいて下さるといいかも…(・д・)イクナイ



 



とまぁ、今回はエアコンの話だけで長文になっちゃったので



リフォームの記事はまたあとで…(笑)



 



まだまだ続いてる執事家のリフォーム。



1階はもうすぐ終わるけど、残すは2階の女子部屋の大大大大大工事も残ってる訳で



来年の夏位までは、ブログのネタが尽きる事はなさそうで〜す♪



 



書くのかが謎だけど…(笑)



 



エアコン洗浄は『道具があれば』自分で出来る!(自己責任でね…w)



にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ



お帰りの際にぽちっと応援よろしくねん♪



 



先月末・今月初めはあられと小夏の命日でした。



あられと小夏、どちらも頑張ったけど、そう日を空けずに天国に帰って行ったので



執事は過去にない位に落ち込み、本気でブリーダーを辞めようと思った時期でした。



おまけに、息子のみぞれにも同じ病気が見付かってたから



『また見送らなきゃいけないのか…』と思うと憂鬱でねぇ…。



でもそこを乗り越えたのは、あられの息子である白いさんが居たから。



その白いさんが、またお父さんになりました。



子猫達はトラブルもあるけどスクスク大きくなってます。



それも、お婆ちゃんのあられに良く似てて、1匹は小夏にも似て来た。



辛かった時期は確かにあったけど、血が受け継がれてる事をヒシヒシと感じながら



その傍らで執事はお猫様の為にリフォームに勤しんでおります。

執事はガテン系。

  • 2017.10.13 Friday
  • 12:14

よくよく考えると、ずっとガテン系の仕事をして来た執事。



 



17で初めて働いたのがイ○ローハットのピット作業員って時点で



その後の将来は決まったようなもんだけど(笑)



当時、日給2万近い給料が貰える交通誘導員とか



ア○ソックなんて会社もまだそう有名じゃなくて



有段者だからこそ出来る夜間警備とかもやってみた経験があるのです。



 



その後は今では名の通ってる1万円車検のコ○ックで



ポリマーコート作業員したり、中古車の整備したり、車検取ったり、車庫証明出しに行ったり…。



一時はマ○ダの車のエアロパーツを作る会社に入社してFRP製のバンパーとか



車に羽が生えてるよ!ってなFRP製品作ったりもしておりましたが



ある日ある時、何を血迷ったか生命保険会社の生保のおばちゃんに転職。



 



生保のおばちゃんなのに、損保の資格を取ったらそっちの方の契約数が多くて



今は『ネットで自動車保険の見積もりが…』って言ってる会社に引き抜かれそうになったり



損保で有名な赤文字の会社の代理店からスカウトされたりもしてましたが



『これからの時代は資格じゃなく、手に職が1番食いっぱぐれない!』と悟り



どんな事しても50年は仕事が続けられると確信した電気工事店に無理やり入社。



そして何を勘違いしたのか、そのまま永久就職して今に至ります。



 



途中、スナックのママもしてたけど、基本ガテン系な執事の職歴。



結果、アラフォーになった執事は器用貧乏に育ちました。



『やれば出来るよ、出来るよやれば』



何でもそう思ってしまう性分が、ここ2週間ほど発揮されています。



 



えぇ、自宅のリフォーム始めました(笑)



育児室のリフォームをまたもや始めまして、不便だった部分を大幅リニューアル!!



 



前に、和室だった育児室を土足もOKなコルクタイルに貼り替えたんですが



基本コルクだからね、水分には弱いんです。



メインクーンは水をかき出すし、子猫のトイレトレーニングに失敗はつきもの。



その上、妊娠・出産時の出血や、交配前の女子のシッコテロにやっつけられて



コルクタイルはソコカシコにシミが…(´д`;)



おまけに滲み込んだら匂いがね…。



 





水分が滲み込むは、傷は目立たないけど汚れが分かり辛いは…で却下になったコルクタイル。



見た目は素晴らしく良いけどね〜(^^;)



 



結果『猫部屋にこんなもん使えるか!!』と言う結論にアッサリ至り



1m単位で買って来てはトイレ周りで試験して



猫のシッコとウンチョで変色したり染み込んだりしないクッションフロアを選別。



で、3度の試験に合格したクッションフロアを買いこんでから4ヶ月。



やっと施工に至った訳です。



 



何で4ヶ月も掛ったかって?



そりゃ〜あなた、猫の出産があったからでございますよ!



流石に子猫のいる部屋をドタバタとリフォーム出来ませんから…(,,・`ノ。・´)コッソリ



 



子猫がいない&妊婦は居れどもまだ産まれそうにない時期を見計らって



『それ!掛れっ!!』とばかりに始まったリフォーム。



まずは床から…と言う事で、部屋の中の物を全部廊下に追い出して



『やれこーだ、それあーだ』と言いながら執事2号とサクッとクッションフロアを施工。



 





白い木目調のクッションフロア。1m800円以下の製品です♪



それを7m買って参りまして、専用の接着剤を使用して施工しました♪



 



クッションフロアのメーカーは忘れちゃったけど、耐薬製品だったのは覚えております。



要するに、塩素系洗剤とかも使えちゃうタイプです。



白くした最大の理由は、シッコされた所が即座に分かるし



拭き取る際にきちんと拭きとれたか分かりやすいから〜と言う、単純な理由です(^^)



 



で、一部見えてますが、壁の下側90cmはPタイルを施工。



Pタイルって聞き慣れないかもしれませんが



執事は工事現場では『Pタイル』としか聞いた事が無い製品です。



本当の名前はプラスチックタイルって言うんだったけな?



 



病院やコンビニの床材で愛用されてる『床材』なんですが



公共施設や商業施設の床に使えるって事は、猫の爪にも幾らかは対応出来るって訳です。



 



執事家の猫達、爪とぎでも爪を磨ぎますが



嬉しいアピールや興奮しちゃったよ!な時は



爪とぎではなく、ソコカシコの壁で爪を出します。



なもんで、残念ながらクロスはあっという間に…





こうなる…(ー""ー)



でも、そう高い所まで手を伸ばさずにやるので、いいとこ90cmで事足りるのです。



 



この『90?で事足りる』と言うのがポイントで、Pタイルは1枚おおよそ30?の正方形。



要するに、縦に3枚貼れば事足りる。



切らなくていいって、簡単施工なんですよね〜♪(笑)



と言う訳で、採用となりました。



 



で、何で白黒かって言うと…





2013年から愛用していたクッションフロアが白黒だったのと



ブラックソリッドとかトーティーの子を撮影する時に



床が白黒だと綺麗に写せる!と言う事実を体験してしまったからなのだ♪ヽ(´▽`)ノ



 



何てったってほら、執事はブラックソリッドのメインクーンを



大量発生させるのが目的でブリーダーになった訳だしね



そこはやっぱり、ブラックソリッドが綺麗に写せる室内ってのは重要じゃん!



 



1頭しか生まれてないけど…(-公-、)シクシク



 



で、採用になった白黒Pタイルは、住宅用の巾木用のボンドで



クロスを剥いだ壁にペタペタ貼って行くのです。





クロスを剥いで、Pタイルの裏側に専用接着剤を塗り塗り…。



 



で、その際、90cmまでPタイルを貼るって言う事は



床から25cmの高さにあるコンセント類は全て隠れちゃう事になります。



 





なので、90cmよりも高い100cmの高さに移動させました。(^^)



 



と言うのも、コンセント等のプレートって、引っ張れば取れるんです。



『引っ張れば取れる=猫にも外せる』ってな訳で



お猫様のお部屋にしてみれば、この高さでななくても問題ない訳です。



 



おまけに、水が掛ったり、オシッコ掛けられたりすれば



電気+水=ショートって言う当然の事故が起こる訳ですし



コンセントを齧って起こる感電事故も、もちろん起こる可能性はあるってな訳で



コンセントの位置を変えた!と言う訳です。



 



もちろん、この工事は電気工事士じゃなきゃ出来ない工事ですので



素人の方が思い付きでやると、電線の選択ミスや結線ミスなどがあった場合は



後に『壁裏から火災発生!!』なんて事が十分にある工事になりますので



工事士免許が無い人はやっちゃダメです。



 



ま、執事家の本職は電気工事業なので、ここは本領発揮しちゃっただけなのです。



もし『うちもやりたい!!』って方がいましたら、ぜひご用命ください。



あなたのお猫様を半ば無理やりモフモフさせて頂けて



セブン○フェのホットコーヒーでもご馳走してくれれば



喜んで施工させて頂きますwww



 



で、コンセントの位置を移動させたら、Pタイルをペタペタ。



そして出来上がったのがこちら!!



 





腰高窓の直下の部分は、高さに合わせてカットしてます。



 



美しいじゃないの(笑)



 



で、このPタイルを貼る要領は



接着剤を塗ったタイルを壁にくっつけたら、ローラーでコロコロして密着させる事。



しっかりローラーを掛けると、余分な接着剤が周囲からはみ出て来ます。



その余分な接着剤は、濡らした雑巾などでしっかり拭き取る事。



 



でもね、タイルの切断面からはみ出た接着剤をそのままにして隣を貼ると



隙間が接着剤で埋まって、もっと防水効果が上がる!



って言う裏技もあるので、表面だけに気を使ってれば問題ないです、はい。



 





で、これを部屋中にやっていくんですが



この部屋は四方にドアや窓や襖や床の間があるので、施工面積はそう広くないです。



腰高窓の壁面が1番広いので、他の壁は切った!貼った!しないといけない。



なので、焦りは禁物です。



 



Pタイルをカットする時は、接着剤は付けずにカットしないといけないので



ある程度の枚数に接着剤を付けて貼ったら、後は数を数えながら施工して行く方が得策ですよ〜(^^)



 



ちなみに、購入したPタイルは白黒1箱ずつの合計60枚。



部屋中に貼って、残りは16枚ずつだったので、まだまだ貼れる。ウフフフフ…。



 



とまぁ、この後にクロスを貼って工事が終わる訳ではなく



またもや大工事を行う予定でいたので、まだまだリフォームのネタは続く…。



 



電気屋辞めて内装屋さんになろうかな〜とか思ってたりするw



にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ



お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします♪



 



最近、セルフリフォームが流行ってますが



専門業者に頼んだ方が良い…と言うか、専門業者しかしちゃいけない工事は沢山あります。



特に電気工事に関しては、施工ミス=火災に直結する事になるので



本当に素人の方がやるのは危険な工事です。



もちろん『家が燃えたって構わないわ〜』って言うなら止めませんが



資格のない人がやった工事で火災が起きると、火災保険は適応にならないから



近隣住民の方や、賃貸の場合の保証には気を付けてね…(爆)



ちなみに、最近定着して来たLED照明への交換工事。



これも資格が必要な工事があったりしますので



自分で出来るのか分からない時は、必ず購入先に確認してくださいね♪

辞めてませんよ?(笑)

  • 2017.09.22 Friday
  • 17:28

この間『譲渡可能な成猫はいますか?』と問い合わせがありました。



『今現在募集してるのは〜云々』って返事したら



『ブリーダーをお辞めになった後に問題が起きたらどこに相談したらいいのでしょう?』



って言われました、執事です。



 



辞めてませんよ?



つか、辞めませんよ?



いつ『辞める』になっちゃったんでしょうか?



 



何度も申し上げますが



開店休業いたします!』



って話なんです。



閉店じゃないからね♪



 



その理由も、嬉し悲し



『本業が儲かっちゃって今稼ぎ時なの!がはははは!(嘘)』



って理由なので、逃げも隠れもしませんよ〜(^^)



 



とは言え、執事、実は更年期真っ只中です。



まだ40代半ば(四捨五入で40歳w)なんですが



過去に何度も流産した経緯があるので、ちょっと早目なんでしょうね。



ま、時代を先取り中です!



 



そんな訳なので、月の半分は更年期で悩まされてるのも事実。



えぇ、月の半分は短気・血の気が多い・喧嘩っ早い・キレやすい



取扱注意なアラフォーでお送りしておりますwww



 



そもそも自宅でチマチマ何かをするのが好きな執事でして



編み物とか日曜大工とかも好きなんですが



もっと気軽に、短時間で完成して、思い付いた時にすぐ出来て



猫に邪魔されない(⇐ここ重要w)お遊びを見付け出しました。



 



編み物も裁縫も好きなんだけど、絶対にお猫様が邪魔しやがるするじゃない?



それが続くと、やる気が失せるお年頃。



そんな訳で、写経はもう10年位、自宅でやってるんですが



写経はね、途中で辞めるってのが難しいのです。



1枚書ききらないと、辞めるに辞められないのです。



 



で、途中で辞めたい事が多い執事は



『他の何かはないのかい!!』と思った訳でして



とあるカレー屋さんで見た壁の絵に惹かれまして



『お〜!これやってみたかったの!!』



と思って始めたのがゼンタングル。



ペン一本で出来るってのがウリの、お絵かきです。



 





 



最近、ぬり絵とかでも出てる、あの絵を書く手法…ってのかな?



 





お友達に頂いた猫とお花がメインのぬり絵♪



勿体なくて、全然塗れないシロモノ(笑)



 



ちなみに、このゼンタングルを基にして曼荼羅も書けたりするらしいです。



 



で、まずは何事も練習練習!!



と思った執事は、コピー用紙に枠を作って練習を初めてみました。



 





 



初めて書いたにしちゃナカナカでしょ?(自画自賛w)



 



本当は(?)公式に売られているタイルって名称の紙に書くんだけど



この公式タイルってのがベラボウに高いっ!!(><)



密林で売ってるのが、10枚で780円位だったかな?



140枚のパックもあるけど、こちらは5800円位。



どっちにしたって、バリバリやりたい!と思ったら高いのですっ!!



おまけに練習として使うのに、勿体なさすぎ!(⇐そーいう所は貧乏性w)



 



なもんで、執事は思ったのです。



『同じ位の紙なら何だっていいべ。練習なんだもの!』



 



で、買ったのが『ペーパーコースター』



100枚600円。



どうだ、安かろう!(^^)



 



もちろん、公式の物と比べると、インクが滲むって言う欠点はあるけど



練習するならどんなモンだっていい訳です。



大きさが同じ位で、イメージが掴めればOKっす!



 



で、書いたみたのがこれ…





初っ端らから適当節炸裂してますけどね…(笑)



 



これ1枚書くのに大体30分位かな?



ペンで書いて、鉛筆で陰付けて、麺棒とかで擦って暈すんですが



チマチマ・モクモクと集中して線を書くので



写経と同じ位集中で来ていい感じです♪



 



周囲(ボーダーライン)・中(ストリング)に線を書いて分割して



区切られた線の中(セクション)に1つの模様(タングル)を書くんだけど



その線を絶対に守らなきゃいけない!とかってのはないし



ペン1本で下書き無しで始めるんですが、基本的に間違いって概念が無いんです。



 



どんな線でも有効活用。



消しゴムは使わない・間違いはないのがゼンタングルのいい所。



消さない・間違いなしだけど、やっぱ上手に書きたい精神が働くので



1本の線を書くのにめっちゃ集中出来るので



冗談抜きで、気分転換にはもってこい。



 



とまぁ、そんな事をしておるのです♪



 



ただし、老眼鏡を掛けて『あら〜!綺麗に見れるわ!』



と感動してしまう状態の執事なので、肩は凝ります。(笑)



 





ボーダーラインを書かずにやってみました例。



 



いつか、自分で作った棚とか、寝室の壁にコレを思いっ切り書いてみたい!



と言う野望を抱いて始めたゼンタングル。



壁紙に、下書き無しで、それも消せないペンキで書ける日はいつ来るのか…



 



なぁ〜〜ぞぉ〜〜〜(笑)



 



ま、秋の夜長にはもってこいかな?(о´∀`о)



 



だからブリーダーは辞めませんってば!w



にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ



お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします♪



 



ゼンタングル(Zentangle)と写経って、執事の中では同じ部類です。



何かを書く事で集中して、気持ちを落ち着けると言うか



アタフタしたり、気持ちが忙しない時に、気分転換の為にやってるので



上達って言うのともちょっと違うかなぁ〜?って感じです。



好きな模様で隙間を埋めていく作業は、ホント楽しい。



もちろんコレで飯が食える訳でもないし、金を手に出来る訳でもない。



でも、そーいうのとは全く関係ない世界を持つって



ある種の贅沢なのかも…と最近は思ってます。



ただ残念なのは、やっぱり猫には邪魔されるんですよねぇ…(笑)

いよかんのおうち募集中です。

  • 2017.08.02 Wednesday
  • 17:54

今年の1月に生まれた男の子だと思ってたのに



実は女の子だった『いよかん』のおうちを募集しています。



 





 



カラーはCREAM SILVER CLASSIC TABBYです。



とっても淡いカラーなので、タビーパターンはあまり見えませんが



大きくなってコートが吹いたら、きっと綺麗だろうなぁ…と思うカラーです。



 



レッド系には変わりないんですが



レッドとはまた違った色合いで、本当にホンワカした色合いのいよかん。





 



おめめも大きくて、尻尾も長い!



大きさ的には、女の子なのでものすごく大きい!って訳ではありませんが



大人しいけどお転婆でもあって、甘えたい時は静かに傍に来てくっついてる。



そんな性格の女の子です。



 





 



ご縁のあるおうちに迎えて貰えればいいなぁ〜



そんな事を思って今日まで来ましたが



HPに掲載したきり、どこにも広告は出さず、ブログにもそう登場せず



あまり表立っておうち募集して無かった様な気もしないでもなく…(笑)



 



現在の体重は3kgちょうど。



女の子でもちょっと小粒系かな?とは思いますが



お父さんの白いさんに似たコートの持ち主なので



避妊手術して、2〜3歳になったらモフモフになりそうな予感満載です♪(^^)



 



もしご興味がありましたら、ホームページの譲渡条件を読んで頂いて



コンタクトのページからメールフォームにてお問い合わせください。



 



よろしくお願い致します。(^^)



 



その他にも、成猫で募集中の子がおりますが、まだ掲載してません…(^^;)



女の子ばかりの募集なのですが、もしご興味があったら



ご連絡頂ければ、個別に写真をお送りします。



重ねてお願い致します。m(_ _)m



 



それとご連絡。



 



執事、現在本職(?)の方がナカナカどうして忙しく



流石に『専業主婦が本職なの〜』とは言ってられない状況です。



そんな訳で、ブリードの方を半分休業…みたいな感じにしないと



到底追い付かないかなぁ…と言う事態でして



思い切って引退させる子が山盛り居る状況です。



どの子も5歳未満の子なので、ブリードを引退した子をお迎えして下さる方も



後々、重ねて募集する事になると思います。



 



男の子は2頭位ですが、女の子は7頭ほどいます。



どの子も縞の無い子ばかりなので



たぶん、あまり人気の無いカラーである事も事実なので



おうち募集も長期戦になるかなぁ…と思ってはいるのですが



まあ、そんな感じで少数精鋭でのブリードが数年続くと思います。



 



子猫をご予約頂いていた方は



他のキャッテリーさんをご紹介させていただいたりしてますが



執事家の子を数年待っても良い!と言う方を優先させて頂いてる状況なので



今後は、子猫のおうち募集は、ホント激減すると思います。



 



そんな訳ですので、子猫の出産予定がHP上に掲載されない限り



冗談抜きで出産の予定はありませんので、その点、ご了承ください。



 



かしこ。



 



仕事が忙しいのは良い事だけど忙し過ぎるのも悩みもんです!



にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ



お帰りの際にぽちっと応援よろしくお願いします。



 



執事家は自営業です。



執事2号は電気工事士で、執事はその補佐役(陰の総取締役ともいふ…w)をしています。



ここ数年、執事は自宅で専業主婦と月末だけの事務員さん程度で来たんですが



最近になって現場の人手がどうやっても足りない状況が続いていて



執事が夜な夜な現場に出向いて手伝う…と言う事が増えています。



それならば、昼間から出た方が体も楽だし仕事も早く終わるではないか!



と言う事で、執事、職人に戻る…と言う訳です。



当分の間は一気に増えた乳酸による疲労感との闘いが待ってるだろうけど



自営業で仕事が忙しいってのは本当にありがたい事なので



数年後にブリードを本業に戻す為にも、お猫様のカリカリを買う為にも(笑)



ちょっとの間のリタイアは致し方ないかな〜と思っています。



でもまぁ完全引退ではないので、その辺は誤解無き様にお願いします。

ドタバタ続きで体力激減…

  • 2017.07.11 Tuesday
  • 14:58

さてさて・・・続きです。



 



ドタバタは茜の死だけじゃとどまらず



茜子の子を育てる所でもいろいろ山盛です。



でも、そんなドタバタの中、また事件が起きたんです…。



 



孫3号の誕生日、6月29日の夜。



廊下の方から大きな子猫の鳴き声が聞こえました。



 



『あ〜!?また誰かが茜っ子のケージの中に飛び込んだ!?』



と思って廊下に出て、育児室を覗いてみたけど



茜っ子はスヤスヤとベットの中でお休み中。



 



『千代子っ子か?またヤン坊がマー坊に飛びついたのかな?』



と思って探すと、仲良く廊下で寝ていました。



 



『あ〜?だれぇ〜???女子に春でも来た〜?』



と思ったら、もう1度大きな子猫の声。



でも、間違いなく生まれたての子猫の声。



 



それも2階から。(@_@;)



 



執事、真っ青になりました。



久し振りに、もう5年以上ぶりに



自宅の階段を息もしないで一気に駆け上り



女子部屋のドアに飛び付きました。



ε===┌(; ̄  ̄)┘



 



『母ちゃぁ〜〜〜ん♪ヽ(´▽`)ノ』



と喜び勇んでドアに駆け寄る女子部屋の住人達の隙間から見たのは…



 



見えたのは…



 



 



 



子猫。



 



 



(p_-)ゴシゴシ・・・Σ(゚Д゚)



 



 



手の平サイズ。



 



 



(゚д゚)ポカーン



 



 



ブルーシルバー。



 



 



(@ @;)



 



 



胎盤付き。



 



 



(゚Д゚ノ)ノ (゚Д゚ノ)ノ (゚Д゚ノ)ノ



 



 



みゃぁおっ!!!!!



 



 



(゚д゚;)(゚д゚;)(゚д゚;)



 



 



ぎゃぁぁぁあぁぁぁぁぁ〜〜〜!?!?!



 



 



アタフタヾ(▽ ̄;ヾ) )))...((( (/; ̄▽)/ アタフタ



 



 



大慌てで部屋の中に飛び込んで



大きな子達に踏まれない様に抱き上げて



とっさに出た言葉が



 



『産んだの誰っ!!』



 



答えるはずもなし。(・д・)イクナイ



 



ホント、冗談じゃないんですって…。



産んだのが誰なのか、ホント分からなかったんですって…。



 



・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・



 



いや、忘れてたって言うのがホントかな…( ̄▽ ̄;)



 



実は、4月に小梅さんをお見合いさせていました。



もちろん忘れてはいませんでした。



6月10日くらいまでは…。



 



6月10日は娘1号の誕生日。



その日に『やっぱダメかなぁ…』と思いつつ



小梅さんのお腹を触っていました。



そう、妊娠確認してたんです。



 



でも、小梅は6月4日で5歳の女の子。



今まで何度もお見合いさせて来ましたが、1度も妊娠に至っていませんでした。



毎回毎回『今度こそは!』と思ってお見合いさせてきたのですが



毎度毎度『スカーーーー!。゚(゚´Д`゚)゚。』を繰り返してきました。



 



回数にして10回以上…。



 



だから、妊娠確認をした時に全然お腹の中に動きが感じられず



『またか…』と思っちゃったのが、今回の騒動の原因です。



 



でも、妊娠確認をした時には空っぽだった(と思ってたw)ので



子猫を手にして部屋中を見渡しながら



『小梅じゃないし、イオちゃんじゃないし、江華?!え?誰よ!!』



って言っておりました。



 



で、とにかく子猫を小さなキャリーに入れて保温して



もう1度2階に戻って、現役女子全員のお腹を触りまくり。



パニくって、避妊手術した風ちゃんや椛ちゃんのお腹まで触る始末(笑)



 



で、小梅さんだと分かった訳です。



 



大騒ぎして、小梅さんと子猫を育児室に移動させ



いつも通りの段ボール産室を作り、子猫を入れて、とにかく哺乳して



『さぁ〜〜〜小梅さん、どうぞぉ〜〜〜!!』



って、子猫を差し出しながら言ったら



 



『シャーーーーーーーーーーーーー!!!!!!!!!!!!!o(`皿´)o』



 



執事、ポ(・_・)カ(・_・)ー(・_・)ン(・_・)!



 



はい。



もうお分かりですね?



執事家恒例(?)の育児放棄決定。



il||li _| ̄|○ il||l



 



でも、慌てません。



『あはははは。こうなりゃ、もう1匹育てりゃいっか!(´▽`)』



と、すぐ思う訳です。



 



だって、もう1ヶ月も3時間置きの哺乳生活してたんですから



今更慌てた所でねぇ〜(о´∀`о)



あと1ヶ月、やればいいだけじゃんね〜(о´∀`о)



 



泣きは入ったけどね…(ー""ー)



 



とまぁ、そんな訳で



茜っ子の離乳食が始まり、哺乳時間も4時間おきから6時間おきになり



『はぁ〜、これでやっと6時間爆睡出来るぅ〜❤』



と思い始めてたった1日で、3時間睡眠に逆戻り。



il||li _| ̄|○ il||l



 



いいの。



頑張れば良いの。



睡眠不足で痩せるかも!とか思ってたけど



全然痩せなくて、逆に太り始めてたって



3時間睡眠で死ぬ事はないんだもの



頑張れば良いの、頑張れば。



だってしょうがないじゃない。



お見合いさせたの、アタシだし。



『子猫を産んで下さい!』って懇願したの、アタシだし。



お見合いさせる時に



『とにかく産んでくれればいいから!』



って言ったもんね。



『産んでくれさえすれば、後はアタシ、頑張るし!』



って間違いなく言ったもんね。



だから産んでくれたんだよね?



だから、アタシ頑張るし。



でも、おっぱいとかあげてみない?



あ、またシャーって言っちゃうのね。



はいはい、いいですいいです。



アタシが頑張りますから。



小梅ちゃんは同じ部屋にいてくれればいから。



まがいなりにも産後なんだから滋養に勤しんで。



 



と言う訳で、また子猫育ててます♪ヽ(´▽`)ノ



 



とまぁ、そんなこんなで



この記事のここまでを書くまでに3日くらいを要してるんですが(笑)



この3日の間にまた事件です。



 



育児放棄中だった小梅さん。



産箱に入って、おっぱいは出ないけど



お尻のお世話を始めてくれています♪♪♪ヽ(´▽`)ノ



 



御陰様で、お尻の心配を全くしなくていい状況になりまして



哺乳後はしっかり寝かしつけもしてくれるし



夜は底冷えしない様に添い寝してくれてるので



執事は哺乳に勤しむだけになりました!



 



おまけに、お尻のお世話をしてくれるようになったら



子猫がおっぱいに吸い付く様になりまして



でもおっぱいは出てないんですが



吸うって言う行動で、心が満足して、おまけに体力使うらしく



哺乳量が爆発的に増えました。



 



今まで日に5〜10gずつしか増えなかったのに



小梅がお世話を受け持ってくれるようになったら



8〜18g位のミルクを飲むようになりました。



 



おまけに、夜は小梅が添い寝してくれるので



哺乳時間も6時間空けないとしっかり起きて、しっかり飲んでくれなくなり



おかげさまで昨夜から、夜は執事も5時間まとめて寝られるようになりまして



睡眠不足からやっと脱出!!



 



執事は元から宵っ張りで、寝るのは1時すぎ、起床6時半生活。



よって、睡眠時間は元通り!!( -`ω-)b



 



日中の時間的な縛りはありますが



それでももう、4時間置きの哺乳になってるので



お買い物行ったりも普通に出来てます。



(´д`;)ヨカッタヨゥ…



 



まぁそんな訳で、相変わらずドタバタは続いています。



続いていますがぁ…、それも期間限定ですしね



子猫を100%哺乳で育てるなんて、早々出来ないですしね



これも良い経験させて貰ってるって思えば



『ブリーダーならしゃーねぇっしょ!』と思う訳です。



 



えぇ、あたくし前向き・マイペース・お気楽なB型です(笑)



 



茜っ子の方は、レッドマッカレルの男の子は無事に育てばおうち募集すると思います。



とにかく懐っこい性格の男の子で、とにかく可愛いヤツなのです。



でも、執事家に男の子はそう何頭も残しておけないので



『お姫様だっこでチューしてくれるパパとママを探そうね〜』



と今から言い聞かせております(笑)



 



シルバーの女の子は、我が家に残るか、おうち募集するか悩んでます。



茜が残してくれた(今はw)貴重なシルバーの女の子です。



おまけに、小さくて育たないかも…と思っていても、タイプはいい。



我が家では貴重な楓の孫にもなる子なので、残したいかなぁ…と…。



そんな訳なので、まだ分かりませんが、多分お残しじゃないかと…。



 



小梅っ子の方は、男の子なんですが



とてつもなく貴重な春ちゃんの孫に当たる血統なので



ブリード組としてお残しするか、ブリード組としておうちを探すか…。



とにかく育ってみなけりゃわからないけど



多分、ペットでのおうち募集はしないと思います。



 



とまぁ、いろいろ妄想してますが、まだまだ子育て真っ最中。



先の事なんて分かりません!



でも、3ヶ月後に『幸せになってね!』って送りだせるように



執事は今日も、デジタルスケールで0.1g単位でミルクを計量して



エッサホイサとミルク配達人を頑張るのです!



 



子猫にいいミルク、在庫あります(笑)



にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ



お帰りの際に全然痩せない執事に応援のぽちっとな♪



 



小梅さんが出産してくれた陰で、春ちゃんの血が繋がるチャンスが出来ました。



春ちゃんは、我が家のブリード初期の子。



玉さん・小次郎の後に、兄妹の金太と一緒に迎えた女の子。



今年で9歳になりますが、もちろん未だに女子部屋で健在ですよ〜♪



初めて迎えたブリード組の女の子だから『春日』と名付けたせいもあって



春日の局よろしく、乳母をしつつ女子を統率する度量のある子です。



一時期はオシッコテロを頻発するので『春ちゃんなんか大キライ!』と思いましたが



今じゃ可愛いお婆ちゃんの春ちゃんなのです。



でも、春ちゃんの血が繋がるなんて思ってもみませんでした。



『金太の血は繋がってるんだから、金太の兄妹だし、いいか…』と



何度も何度も自分に言い聞かせて、納得させてきました。



でも諦めきれずに、小梅とイオは現役を延々と続行させてきたんです。



でも今年で5歳になる時点で『さすがに今年中で引退だなぁ…』と思ってた矢先の事件。



でも、とても嬉しい事件でした。



今は小梅もお母さんをしてくれているし、二人三脚で育てればいいだけ!



頑張って育てて、いつか哺乳組を引き連れてショーに行くぞ!と言う夢があるので



執事はまだまだ頑張ります♪

ドタバタは続くよ、エンドレス?

  • 2017.07.06 Thursday
  • 21:09

ブログを放置する事、おおよそ2ヶ月。



実は本気でドタバタしておりました。



 



実は今もドタバタしてるんですが、だいぶ慣れたとでも言いましょうか…。



人間、ドタバタが1ヶ月以上続くと、慌てなくなるもんですね(笑)



 



さて、ドタバタの原因は?と言うと、5月20日まで遡ります。



 



3月にお見合いさせた茜の満日予定日が、5月17日でした。



17日の夜になっても生まれず、18日の朝になっても生まれない。



でも茜の母である楓は、お見合い初日から計算すると73日で出産した事があるツワモノです。



『お見合い最終日から計算するとまだ64日だしなぁ…』



と思っても、流石に兆候が無いのはおかしいよなぁ…と思いつつ



18日の夜になり、茜のお尻を見たらお印が…。



『おぉ〜、流石に来るね!』と手ぐすね引いて待ってるも、無事に19日の朝を迎えました。



 



19日の朝になっても、明らかに茜の様子は産気付いて無い。



でもお印は昨夜ありました。



『なんか変だぞ?』とは思うものの、結構騙されてる執事ですので



『今回も騙されんのか?』と思いつつ19日の夕方を迎えました。



 



夕方、ウエットを出して食欲を見ると、流石に食欲はそんなにありません。



でも、なんかおかしい。



何がおかしいのか分からないけど、なんか変。



何だ何だ???と思っていた19日深夜。



茜の様子が明らかにおかしくなりました。



 



隙間に入って行ったきり出て来ない。



何とか隙間から引っ張り出して、とにかく産箱に!!と入れたら



茜の呼吸がおかしいのです。



『なに!?何が起こった!?』



とにかく茜を触って熱が出ていないか調べてみたら



熱が出ているどころか、体温が低い。



明らかに体温が下がっているのが、手の平で分かる位冷たいのです。



 



『やばい!』と思ったけど、深夜の2時です。



病院なんてどこもやってません。



頼れる病院はしらみつぶしに電話しましたが、もちろんどこも出ません。



仕方なく、朝8時まで待って、掛り付けの獣医に電話して



8時半の開院と共に駆け込みました。



 



茜はそのまま帝王切開で出産。



次々に出て来る茜っ子。



レントゲンでは4頭の子猫がいたけど、その通り4頭の子猫が生まれました。



ブルー・レッド・シルバー・ブルーシルバーの子猫4頭。



麻酔が効いて起きてくれない子猫達を



『起きろ〜、起きろ〜、こっちこい〜』と声を掛けながらマッサージして



全員起きてくれた所で茜の様子を聞こうと思ったら、先生が一向に手術室から出て来ない。



 



帝王切開の縫合をしてるにしても、さすがに遅い。



『何だろう…。なんかイヤな予感がする…。』



そんな事を思ったのを未だに覚えています。



 



子猫達を貰った小さな箱に入れ、保温用のペットボトルで作った湯たんぽも入れ



『もう帰れるんだけどなぁ…、茜、どうしたのかなぁ…』と思った所に先生登場。



呼ばれて行った手術室には、まだ麻酔から覚めない茜と



その傍らにあったのは、茜の卵巣。



それも、尋常じゃない大きさになっている卵巣です。



 



『病理検査に出さなきゃ明確な事はいけないけど、明らかに癌だよ。』



そう言われてみたのは、私の両手に乗り切らない位の卵巣腫瘍でした。



 



茜は、卵巣癌でした。



卵巣がとんでもなく大きくなっていた為、自力で出産出来ない状況でした。



多分、お印があった直後に生まれるはずだったんだと思います。



何とか4頭の子猫は息をしてくれましたが



茜は麻酔から覚めて30分後に、我が子に授乳する事も



愛でる事も無く、天国に旅立ってしまいました。



 



その連絡を貰ったのは、子猫を連れて自宅に戻り



どたばたと大慌てで子猫達を保育室代わりのキャリーに入れ



保温の為に湯たんぽのお湯を沸かし始めた直後でした。



『10時30分の時は息をしてたけど、41分には息をしてなかった』



そう言われて、執事が自宅到着時の10時34分頃に息を引き取ったのかな…



そんな事を思いました。



 



茜に『後は任せたから』って言われた様な気がして



『任されたなら頑張るしか無いじゃん!』って思って



5月20日の12時から子猫達の哺乳を開始。



3時間置きにキャリーを開けてお世話をする日が始まりました。



 



翌日にはブルーの女の子が亡くなり、1週間後にはブルーシルバーの女の子が亡くなりました。



レッドの男の子とシルバーの女の子になってしまって



さすがに凹んだけど、落ち込む暇はありませんでした。



 



シルバーの女の子は下痢も始まって体重の増え方が悪く、そのクセ文句垂れでご注文が多い。



レッドの男の子はそんなに騒がないけど、ミルクはガッツリ飲むのに便秘気味。



とにかく『順調に育つ』なんて夢のまた夢…。



哺乳の度に飲んだ・飲まない、出た・出ない。



その上、睡眠不足で1時間ほど寝過ごしたら、レッド君が低血糖を起こして病院送り。



たった1時間が命取りの、ハラハラドキドキの毎日です。



低血糖を起こしたレッド君は、点滴(って言っても5ccのブドウ糖液)を2日続けて何とか復活。



 



下痢が続いて体重がイマイチ伸びないシルバーちゃんは



1・3月に生まれた子猫達におもちゃにされてしまい、左耳の後ろに大きなケガをしてしまいました。



でも実は『耳の後ろに腫瘍がある』と思ってたんです。



ケガだとは全く思っていなかったので、ぶっちゃけたことを言うと



哺乳の度に『こんな小さいのに腫瘍があるなんて…』と落胆してばっかりいました。



 



が、日に日に大きく腫れて来る腫瘍が、ある日、破けたんです。



噛まれた傷口から出て来るモノを見て



『アレ?腫瘍じゃなくて、膿???』と思ったら即刻病院にレッツゴー!



『これは噛まれて膿んじゃったんだね〜』と言う先生に



『アタシ、腫瘍だと思って落胆してたんだけど…( ̄▽ ̄;)』



って言ったら、笑われました。



そして、レッド君も同じ所を噛まれていて、膿が同日に出て来る出て来る…。



 



その直後、同じ部分を噛もうとする子猫を発見。



即刻茜っ子を育児室の中で隔離&1・3月生まれの子猫をリビングに放牧。



それからは、毎回の哺乳の度に膿を絞り出しては、その傷口の中に麺棒で軟膏を押しこむ毎日…。



1週間位で治りましたが、アレにはホント、ビビりました。



 



その後、低血糖をもう1度経験したレッド君と、相変わらず下痢が収まらないシルバーちゃん。



何とか迎えた生後1ヶ月の日からやっと始まった離乳食。



いつもは25日位から始めますが、流石に25日では始めようがありません。



だって、体重がどちらも300g台だったから…。



6月20日の1ヶ月まで待って、非常に(執事がw)ビビりながらの離乳食開始。



 



でもね、こちらは順調だったんです。



執事の予想を大きく裏切り、レッド君もシルバーちゃんも



『ミルクなんかで腹がいっぱいになるか!』と言わんばかりのガッツキっぷり…。



レッド君に限っては『いっぱい食べるからもっとちょうだい!』と



お皿が空っぽになるとオネダリにすっ飛んでくる始末…。



 



離乳開始3日目には、ロイカナBabyを2人で半缶平らげて



その後のミルクは1人30ccずつ飲み



大満足で手のひらの上に乗り、執事の指をオッパイ替わりにチュパチュパ❤



それが日に2回になり、3回になり…



 



今はウエットにカリカリを混ぜたご飯を日に2回。



カリカリは食べ放題。



ミルクは日に3回、毎回40cc一気飲みの毎日です。



体重も順調に増え、哺乳も9時・午後3時・夜9時の3回でご納得してくれて



育児室で(生意気に)斜めに走り回る様にもなりました。



 



はぁ〜、これでやっと執事は寝れる!!ヽ(´▽`)ノ



3時間睡眠ともこれでオサラバ!



買い物にも行けるし、庭の草むしりに没頭も出来るわ!!



『1・3・5月生まれの子猫で〜す♪』ってブログに載せよぉ〜っと♪



と思っておりました、6月29日、孫3号の誕生日当日。



 



 



事件がまた起きるのです。



 



 



とは言え、その事件はまた次の記事で…。



 



 



to be continued.......



 



 



事件は現場で起きてるんじゃない。執事んちで起きてるんだっ!!



にほんブログ村 猫ブログ メインクーンへ



お帰りの際に寝不足の執事に愛のぽちっとな…



 



茜の卵巣脳腫の原因は、執事の管理不足が招いた結果です。



避妊していない女の子なら、可能性は十分あるんですから



そこは執事がしっかりと管理しなければいけない事でした。



普段から、子宮蓄膿症には敏感なブリーダーさんは多いと思うけど



卵巣脳腫は、症状もそう出て来ない事が多いらしく



レントゲンでも卵巣脳腫を疑って調べなければ分かり辛い事が多いそうです。



でも、そこは命を扱うのを生業にしている訳ですから、完全に執事の失態です。



茜には本当に申し訳ない事をしてしまいました。



何度謝っても許して貰えそうにないけど、今の執事に出来る事は



託された子猫をしっかり育て上げる事しかありません。



茜は金太と楓の子です。



実質、楓の子でブリード組の子は茜・梓・光華しかいません。



その茜が、銀二の最後の子になった千代子の子のジャックとお見合い。



金太・楓・銀二・千代子の錚々たるメンバーの孫達です。



ここで踏ん張らなければ、この子達を育て上げなければ



昨年亡くなった金太にも申し訳が立ちません。



正直言うと、ブリーダーになってこれほどの背水の陣は無かったなぁ…



そんな事を思いながら、毎回哺乳していた1ヶ月間。



全然余裕などなく、1ヶ月先の事も考えられませんでしたが



離乳が始まった頃、やっと目標を立てました。



『この子達を連れて、11月のキャットショーに行くぞ!』



だから執事、まだまだ頑張らないといけません。



茜が本当に命を掛けて産んでくれた子達。



いつか我が家を卒業する日が来るかもしれませんが



それもまた、楽しみにしなくちゃいけませんね…。